ビジネスとして考える不動産投資|収益物件活用は投資リスクを考えて

模型

簡単な不動産投資

ファミリー

人気の物件

不動産投資は比較的、安定した利益を得られる投資方法になりますが、投資方法がわかりにくいものでもあります。不動産投資を行う方法としては自ら土地や建物を購入して収益化する方法と、すでに収益化された収益物件を購入する方法の2種類があります。自ら収益化する場合には不動産投資でも土地活用としての性質が強いものになりますが、収益化するさいにはさまざまな法令に従って行う必要があるなど、専門知識がないと行うことが難しい部分があるといえます。一方で収益物件はすでに収益化されており、法令もクリアしているので、難しい専門知識も必要なく簡単に購入することが可能です。収益物件といっても、種類はさまざまで一棟売りのアパートや賃貸マンション、テナントビル、駐車場、土地付き太陽光発電などがあります。

メリットは

収益物件を購入するメリットとしては、不動産会社がすべて用意してくれているので、簡単に購入することができるということです。また不動産投資のメリットとして収益化出来ている間は毎月一定の家賃を手に入れることができるというもので、不労所得を手に入れることができます。特にリタイア後には年金の代わりとして役立てることができるため資産運用としても使うことができます。不動産投資は、初期投資する金額が大きくなる傾向があり、中古マンションでもある程度の予算が必要となってくるため、入念な資金計画を練ることが大切です。また、立地の良し悪しで収入変動があるため、好立地の収益物件を選ぶことが重要になります。

Copyright © 2016 ビジネスとして考える不動産投資|収益物件活用は投資リスクを考えて All Rights Reserved.